悪さするなら確認は大事だよ

大相撲のチケットを取ったのちの出張出先での出来事です。
同僚と二人で東北は岩手、青森へ2泊で仕事に向かいました。東北地域は初めてという事で出張ではあるものの、旅行感覚が半分。
岩手県は盛岡に新幹線で到着し、予約していたレンタカーで同僚と出発。
まぁ、暑い!東北は涼しいものと思い込んでいましたが、東京と変わらんくらいに暑い日でした。
とにかく初日の仕事を終えて、レンタカーでホテルへチェックイン。ホテルは、温泉付きのビジネスホテルで一般的なものでした。
新幹線の移動に加えて、レンタカーでの運転を一日中でかなり疲労感はあったものの、とりあえずお疲れさん会をすることに。
岩手名物って何やろな?って感じで街を散策するも、なかなか決まらないまま居酒屋さんへ。
いつもの感じでビールを飲んで、仕事の打ち合わせをしただけの普段通りやないか。まぁ後一泊あるし、とりあえずホテルへ戻ることにしました。
一旦、部屋でゆっくりしてから温泉へ行くことに決めて、缶ビールをまたまた飲んでしまいました。
22時も回ったくらいに準備して、温泉がある二階のフロアーへ。客は1人しか居ない感じで脱衣して中へ入ると、洗髪しているよく見たシルエット。同僚も同じタイミングか、と思い隣の洗い場に座ってサッと湯を流してから、久々に悪さしたろって子供心が出てきました。
まぁ、同僚も関西出身でノリも良いので無限シャンプーの刑に処することに。
ポンプ式のシャンプーを背後から何回か繰り返していると、同僚はおかしいなぁみたいに湯を流し続けてます。
あまりに流しきれずにイライラ感も出てきて、こちらとしては嬉しさ全開でした。が!
入り口から客がまた1人、ん?えっ?マジか!同僚や?ん。で、この頭洗ってるお方は誰?
焦って、無限シャンプーは即ヤメ。完全にバレてるやろうけど、知らんぷりして同僚と温泉に浸かってました。
ソックリさんは、出て行きざまにこちらを見てましたが、とりあえずは何も言わない感じでした。
あくる日の朝食バイキングにもバッタリ会いましたが、何とも気不味い雰囲気で反省。気分は朝から台無しの刑をくらいました。
本当にごめんなさい、名も知らぬ方よ。